今月のスケジュール

ホームページ内にブログを移転、設置いたしました。
今後はそちらで更新していきますので、ブックマークよろしくお願いいたします。
ミズマチユミコの占いサイト

あけましておめでとうございます

2006年01月02日 00:00

約2年ほど前に占星術の勉強を始めまして、当初は物好きな友人達が私の勉強台になってくれていましたが、ちょうど1年前の忘年会あたりから人の紹介などで多数の人のホロスコープを拝見しました。やっぱり経験に勝る勉強はないですね。軽く100人以上は見たと思います。

昨年末から春にかけては、射手座にある冥王星、魚座にある天王星が効いていたのか、射手座と魚座にポイントがある人の相談が多かったです。いて太陽うお月とか、逆とか。あと双子座にポイントを持つ人の相談も多かったですね。同年代の人が多いこともあって、中年の危機と言われる時期にはまってる人(自分の冥王星に、トランシットの冥王星が90度をなすこと。35~6才。人生が塗り替えられるような大きな変革の時期を迎える人が多いようです)、プチ中年の危機の人(自分の天王星に、トランシットの天王星が180度をなすこと。ここでも大きな変化が訪れる。40~1才くらい)が圧倒的な多さでした。ハードアスペクトと言われるこのタイミングは、天動説をとっている占星術の場合、角度をなすのは、順行、逆行、また順行の3回。どうせ変わらなきゃいけないなら、自分の変わりたい方向へ変えましょう~と言ってきましたけど、その後みなさん、どうなったでしょう。あ、私のアドヴァイスに従って人生を変革させても、責任は取りませんから、自己責任てことで、ひとつよろしく(笑)

3月あたまには、活動宮(おひつじ、かに、てんびん、やぎ)で火星、木星、土星のTスクエア(3星座にある天体で90度ずつ角度をなすこと)。個人的には自分の土星がここにヒットして、グランドクロスに(4星座にある天体で90度ずつ角度をなすこと)。なにかしなきゃ~という気持ちはあるのに、イマイチ作業が進まないうえに、やることだけがどんどん増えていくような…、そんな時期でした。屋号を決めたり仕事用のサイトをようやく作ったのがこの時期です。そんなことでよかったのか…。このTスクエアの効き目は年末いやってほど味わうことになります。

7月に土星がかに座から獅子座入りして、春先から多かったかに座にポイントを持つ人の相談は一段落です。太陽かにより月かにさんのほうが、しんどそうでした。私は6月にイタリアに行って、7月に帰国。しかしこの土星のせいなのか、このころからどよ~んとしていました。個人的にはおうし座に太陽、月含む4天体がありまして、これから土星が獅子座に居座る2年半はちと重苦しそうな日々です。このころ自分のプログレスの月(自分の興味の方向性を表す)も9ハウス(外国、深遠なる知識などの部屋)から10ハウス(社会的ステータス、仕事、結婚の部屋)へ。マンション熱がにわかに持ち上がってきました。結婚に気持ちが向かないのはなぜなのか…。ほかのおうし座友達はこの辺からプー太郎になり、「人生とは何かよく考えろ」と土星に迫られていた模様。いや、今も迫られているみたいだけど…。

8月には火星がおうし座に入り、すぐに獅子座の土星とスクエア(90度)。出生図にこの火星と土星のスクエアを持っている人はよく見かけますが、「石橋を叩いてたたき壊す、または壊さないまでも渡らない人」と思っています。ちょうどそんな感じで、強気と弱気を行ったり来たりして振れ幅が大きかったです。友人で出生図に獅子座火星の人が二人いますが、この枠にはまってしまったのか、このころ時間差で意気消沈していました。

10月終わりには木星がさそり座入り。これでもとから水がめ座にあった海王星を加えて不動宮(おうし、しし、さそり、水がめ)でグランドクロスの出来上がりです。この配置は出生図とどう絡むかによって影響の出方は違ったみたいでした。私はきっちり太陽(人生のテーマや目標を表す)にヒットしていたので、「オマエの人生それでいいのか」みたいな問題をいろいろ突きつけられました。木星がさそり座入りして、仕事はが~っと忙しくなりましたが、反面、メインクライアントからメイン業務の打ちきりを告げられたり。またマンション購入問題では、かなりうだうだと迷うはめになりました。

太陽、月、ともにさそりの友人は、月がこのグランドクロスにヒット。ひどい風邪を引いて、2週間以上うだうだと長引きました。このグランドクロスの特徴は「うだうだ」なのでしょうか(笑)。世間的にも耐震強度偽装事件のうだうだ具合とか、長々と降る雪だとか、年末までうだうだ続くのかなぁと思ってましたが、続いちゃいましたね~。そうかと思うと熱(火星)とブレーキ(土星)のコントロールがだめだったのか、幼い子を狙った残虐な事件が続いたりして、うんざりな年末でした。

はまってる途中、占星術方面の知り合いが「海王星の夢をかなえるには、火星と土星のスクエアを突き抜けるしかないんでしょうか」とメールしてきてくれて、この人もおうし座の方だったので、なるほどねぇとナットク。ならばと一番角度のきつそうな12/15あたりに焦点があうようにいろいろ準備をして行動しました。ちょうど満月でもあったし、冥王星も太陽と合(0度)だったし、せっかく図が読めるならこんなふうに使わないとと思ったのです。使い方間違ってるかしら。まあいいや。

また個人的には金星ー木星のトライン(120度)に、経過の冥王星がばっちりヒットして、グランドトライン(3天体が120度ずつ角度をなして、正三角形ができること)が3度出来ました。金星が4~5ハウス、木星8~9ハウスの境目辺りにありますので、マンションの契約(4ハウス)、バンド活動(5ハウス)、両親からの援助の取り付け(8ハウス)、イタリア旅行(9ハウス)と恩恵をたっぷり受けられました。

さて今年ですが。本来は東京1月1日午前0時の図を出すのかなと思って出してみました。相変わらず不動宮でグランドクロスが出来てるので、やっぱうだうだする年なのかなぁ~なんて。(それだけかい!)

2月の終わりには長かった火星のおうし座滞在が終わって双子座へ。柔軟宮の人はまた少しいやな感じかな? 3月頭には天王星と火星のスクエアが出来るので事故などお気を付けて~。それより天災とか大丈夫でしょうか、この日。4月に入ると今度は冥王星と火星でオポジション(180度)をとります。なかなか気が抜けなさそう。

しかしすぐに火星はかに座へ。5月に入ると水サイン(かに、さそり、うお)でグランドトラインができたりして、ちょっと落ち着いた感じでしょうか。6月20日には火星と土星の合(0度)とさそり座の木星が10度あたりでタイトなスクエア。これはきっとこの年末のTスクエアと少し似てますよね。どんなふうに事象が現れるのか少し楽しみです。なんて個人的には、仕事などでひどい目にあったりしてね。

9月あたま、獅子座の土星、さそり座木星、水がめ座海王星で15~25度付近でTスクエア。夢と現実のシーソーゲームはどっちが勝つでしょう? 2カ月くらい続きそうです。それにしても不動宮チームはしばらくしんどそうですねー、やっぱり。不動宮過多な図を持つ身としては、少々うんざりです。乙女座の火星と射手座の冥王星のスクエアも出来ているので、これも気になります。


しかし、ホロスコープは自分で生まれる前に作った地図だといいます。その地図を生かすも殺すも本人次第ですし、気に入らなければ無視してもいいと思います。私はせっかくならいいふうに利用しようかなと思います。終わった後でこんなふうに答え合わせをするのも、楽しいしね。年末にまた答えあわせしたいと思います。きっと「こんなこと読み落としてた~」とか「解釈間違ってるし~」とかいっぱいあるんだろうなぁ~。

てなわけで、今年もよろしくです。 web拍手 by FC2


最新記事