今月のスケジュール

ホームページ内にブログを移転、設置いたしました。
今後はそちらで更新していきますので、ブックマークよろしくお願いいたします。
ミズマチユミコの占いサイト

子宮筋腫の記録【3】占星術的分析

2011年04月13日 19:00

【はじめに】をご覧いただいてから、順番に読み進めてくださるとうれしいです。


星の話をすると、ブログでは何度か書いてるので重複しますが
私の月は牡牛の最終度数です。
木星が獅子の25度、海王星が蠍の25度、火星が牡牛の23度で
月を含めた4天体でTスクエアができています。

忙しかったのは、アセンダントの支配星である木星が
トランシット海王星にオポジションだったこともあるかもしれません。
限りなく広がっていっちゃったというか。
でも海王星だから、収入には結びついてないですけどね。

あとは、アセンダントの支配星がぐらつくと
行動もぐらつきますよね。

私の木星は8ハウスということもあって、
あまり能動的に活用できないのですけど
アセンの支配星のコンディションの影響力って
大きいなぁと身にしみて感じました。
(しかし、どなたか先生に、8ハウス木星は
 医者運(?)あるよねと言われました。そうかも)

また海王星も、こんなに影響力あるなんて、
という気持ちです。

今は、天王星が魚の終わりにあり*、
ネイタルの月にきっちりセクスタイルとなってるので
なんとか牡羊に進む前に手術してしまいたい、と思いました。

天王星は、「切る」という意味合いが強いので
ネイタルの月へのアスペクトで、胃や子宮を切る手術をする人は多いです。

海王星もできれば、スクエアでもサインがなじむ
魚に入ってからがよかったのですが
そこまで待っていると、天王星は牡羊に入ってしまうし
海王星を頼りにすると、天体の作用や、移動速度から考えて
治療が長引きそうなので、なんとか天王星の力を借りて、と思いました。
セクスタイルは意識的に取り込むと効果が上がるアスペクトです。

すでに治療済みの友人の話をすると、
手術した人は、ネイタルの月と天王星スクエアのタイミングでやりました。
ただし、逆行、順行のタイミングで、
更なる病気の発覚、対処が必要になりました。
スクエアの場合は、根本に立ち向かわないと
2度目、3度目のアスペクトでまた問題が戻ってきます。

また私と同じく、月に海王星スクエアで筋腫を患った友人もいましたが
このとき、冥王星と冥王星スクエア、
いわゆる中年の危機にも重なっていたので
いろいろ悪いタイミングが重なって
命を落としかねない危ない状態になりました。
当時はそこまで読み切れず、何も彼女の力になれませんでしたが…

彼女に貧血の話をしたら、
そうそう! 長い横断歩道が渡りきれなくってさ~~!
すごくよくわかるよ~!と。
判断力が鈍っていたという点においては
当時の彼女と今の私は似てる気がします。

今このタイミングで手術するのが、いいかどうかわからないんですが
天王星セクスタイルになってることもあって、
比較的、気持ちもしっかり持ててると思うんですよね。
トランシット海王星がネイタル月にスクエアは
今年いっぱい続くので、不安はありますが
意識的に取りこめる活力=天王星があるうちに
対処してしまおうと考えました。(つづく)

*この記事は2月初旬に書いています

人気ブログランキングへ
関連記事
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)


    最新記事