今月のスケジュール

ホームページ内にブログを移転、設置いたしました。
今後はそちらで更新していきますので、ブックマークよろしくお願いいたします。
ミズマチユミコの占いサイト

痛みをともなう再出発

2009年10月20日 08:00

私には、牡牛、乙女の初期度数に太陽を持つ友人・知人が多く、
山羊座へ冥王星が移動した頃から、
どんなことが起こるかな? と観察していました。

冥王星がスクエアで起こす事柄というのは、
出生の冥王星と経過の冥王星のスクエア(90度)、
いわゆる「中年の危機」と言われるアスペクトで、
よく見ていたのです。
多少の差はあっても、谷底に突き落とされてはい上がってくる…
時には命をかけるような人も…いました。

じゃあ、トライン(120度)はどうだろうか?

冥王星どうしのトラインは、年齢的にもまだ実感としてありませんが
いろいろ見てる限りでは、波に乗ってるけど、
ふとした瞬間に足元をすくわれている人もいるなぁという感じです。

太陽でも、やはり同じ作用があるかなと思いました。
冥王星どうしより、もう少し具体的で、身近な問題で起こっているようです。
周りから見てると、ノリノリイケイケ絶好調!(死語?)です。
まぶしすぎて、直視不能(笑)
もちろん、そこにいたるまでの本人の努力などもあるのですが
あるタイミングで、パーンとはじけて物事が回転し始める感じです。

そこまでの努力が、・・・な感じだと、はじけ具合もそこそこ(笑)
頑張ってれば、大ブレイク。

じゃあ、良いことばかりなのかというと、そうでもないなと感じます。
物事が回り始めると、周りが見えなくなってしまうようなのです。
自分が絶好調なので、弱者に対する配慮が薄くなっていってしまうというか。
そのために、結果的に周りを切り捨ててしまうのです。

しかしそれは、レベルアップのための、
必要な「切り捨て」なのかもしれないな、とも思います。

やはり、冥王星の役割としては「死と再生」。
トラインであっても、何かを犠牲にしないと、
生まれ変われないのです。

経過の冥王星と出生の太陽のトラインは、
一生に一度か二度のことです。
私は太陽牡牛なので、数年後にやってきます。
どんな痛みをともなう改革が待っているのか、楽しみです。

あ、もちろん、それまでいろいろな努力も必要ですね(笑)
しかしできれば、弱かった自分、ブレイク前の自分も
忘れないでいたいものです。
関連記事
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)


    最新記事