FC2ブログ

今月のスケジュール

ホームページ内にブログを移転、設置いたしました。
今後はそちらで更新していきますので、ブックマークよろしくお願いいたします。
ミズマチユミコの占いサイト

星の動きによる2012年の運勢

2012年01月05日 21:24

120105_元旦図

山羊太陽と冥王星コンジャンクションからスタートする2012年は、新しい土台作り、居場所づくりを行わなくてはなりません。牡牛木星、乙女火星の土のグランドトラインが、個々の能力を用いて実際的なことをどんどん押し進めていきます。また、天秤土星、水瓶海王星のトラインもできており、人的ネットワークも理想の形ができつつあります。牡牛木星と天秤土星のオポジション、牡牛木星と水瓶海王星セクスタイルは、風の理論を土の現場に落とし込む作業をしていくのではないかと思います。
人々の意識は月と天王星のコンジャンクションで表されますが、個性を表に出さずに環境に役立てようとします。太陽が表す目的、社会貢献するには、自分自身を変えていかなければならない、という方向へ意識が行くでしょう。
元旦図のアセンダントは天秤で支配星である金星は、4ハウス終わり水瓶に飛んでいます。射手の水星、ドラゴンヘッドとセクスタイルです。昨年までに流行ったソーシャルネットワークでの人脈作りや情報や意見の交換を、今年もまた人々は楽しむでしょう。
火星は乙女にあり12ハウスです。無意識に怒りやエネルギーを沈み込ませていますが、水星に対してスクエアとなり、顔の見えないコミュニケーションがますます活発になっていきそうです。

1月24日から4月14日まで、乙女の火星は逆行を始めます。本来、火星は2年半ほどで12サインを一周しますが、今回は乙女に半年以上滞在します。天体の逆行は、その天体に関すること、滞在ハウスに関するエリアでの見直しタイムになります。乙女の火星逆行は、自己の調整や環境を調整する力を見直すことに力を注ぎます。ご自分の滞在ハウスを確認して、どの分野でそれを活用すべきなのか、考えてみましょう。

2月4日はいよいよ海王星が本格的に魚座に進みます。昨年4月にも一度入りましたが、もう水瓶には戻りません。水瓶に海王星があった間、電子機器の驚異的な進化、特に携帯電話やパソコン、スマートフォンなどコミュニケーションを司る機器が大きく変化し、それととともにコミュニケーションの仕方や、人との関わり方自体が大きく変わりました。魚の海王星は支配星回帰で、他のサインにいる間よりも海王星の力が強く発揮されるでしょう。
水瓶の時代が、個々の個性や趣味嗜好が人々をつないでいったのに対し、魚の時代は個人個人が持つ負の部分も認めた上で人々がつながっていくのだと思います。今までスポットライトを浴びることがなかったような人や個性、考え方が多くの人々に浸透していくのでしょう。

海王星とトラインを作っていた天秤土星は最終度数まで行きますが、2月7日から6月25日まで逆行を始します。こちらも火星逆行と同じく、見直しタイム。人と人とをつないで行くネットワーク作りの最終章です。誰にでもいい顔をして場当たり的な対応をするのは、土星としてはNG。責任をとる、ルールを作る、形にするということが大切です。

3月13~16日あたり、土のグランドトラインができます。牡牛に金星・木星、乙女に火星、山羊に冥王星です。特に16日は月も山羊へ入り正確なグランドトラインができます。グランドトラインはスパイラル状の力を発揮しますが、上向きの場合もあるし、下向きの場合もあります。仕事関係や個々の能力を高めて、周囲に役立てるのに最適な配置です。実際的なことがさくさくはかどっていきそうなので、何かそういったことをスタートさせたい人はこのグランドトラインの力を利用してみましょう。しかし、グランドトラインは走り出す方向を間違えると易きに流れてしまう可能性も充分にあります。特に冥王星が絡んでいると、一度運気の流れに穴を開けてしまうと元に戻りませんので、注意が必要です。

4月14日、火星が順行に戻ります。見直し期間に貯め込んでいた個々の能力を大放出するタイミングです。

6月12日、木星が双子へ移動します。牡牛が能力や技術、お金を貯め込むのに対し、双子は情報や知識を拡散するのをよしとしています。
しかし、6月25日には、魚の海王星とスクエアになります。これは根拠のなく無責任な、でも耳に心地が良い情報が拡散されていくイメージです。木星のそばには金星もあり、面白がって情報を流す人も現れそうです。震災直後もいい加減な情報がかなり流れましたが、人々の不安をあおるような情報に振り回されないように注意が必要です。しかしこの形は、悲しみやつらいことも、機知とユーモアで乗り切る力があります。また、魚のとりとめもない夢を双子が実際的な言葉として落とし込めるかもしれません。

そしてこの頃同時に、山羊冥王星と牡羊天王星のスクエアができています。痛みを伴う改革を表すこの形は今後数年にわたって何度かできますが、試行錯誤を重ねながら行っていかざるを得ないのでしょう。今年はこの時期の他に、9月19、20日ごろにもう一度ありますが、海王星木星のスクエアとタイミングが重なるこの時期は要注意と言えます。

8月15日ごろ、天秤で火星土星がコンジャンクション。よく、ブレーキとアクセルでたとえられるこの2天体がいっしょに働かせることができると、無駄をなくし集中して物事に取り組めます。しかし暴力や事故など、残酷な事象として現れる場合もあります。獅子の太陽とはセクスタイルになっているので、目的に向かって効率良くエネルギーを注ぎ込むことに使ってください。

10月6日、約3年近くに渡って天秤にいた土星が蠍へ移動します。個と個をつなぐネットワーク作りから、個々の関係性を深めるということについて、人との関わり方が大きく変化していくでしょう。対象と一体となって愛情を注いでいくのが蠍ですが、対象者や対象物との関わり方、真贋の見極め方などを見直していくことになるのでしょう。

また、土星の蠍入宮のタイミングで魚の海王星とはトラインになります。天秤土星ー水瓶海王星のトラインとは違った形で「夢を形に」していけます。言葉や情報のやりとりが主だった風のトラインから、気持ちや愛情のやりとりが主の水のトラインです。人の気持ちをつなげていくことによって、夢が形となります。

2013年元旦の配置を見ると、太陽冥王星が天底近くでコンジャンクションという形は今年と同じです。今年のテーマは今年だけでは解決できず、来年再来年も引き続き行わなければならないようです。




------------

星の流れが個々のホロスコープにどのような影響を与えるのかは
鑑定をご利用ください。
どの分野でどうすべき、ということを調べるには、出生時間と出生場所が重要なので
必ず母子手帳などで確認してお越しくださいませ。

明日は中野トナカイに、12~18時半まで在席しています。
18時半以降はご相談くださいませ。
http://tonakai.her.jp/
03-3387-4355


人気ブログランキングへ
関連記事
web拍手 by FC2


最新記事