今月のスケジュール

ホームページ内にブログを移転、設置いたしました。
今後はそちらで更新していきますので、ブックマークよろしくお願いいたします。
ミズマチユミコの占いサイト

作品から星を読む・有閑倶楽部

2012年09月02日 23:15

今月のシチリア食堂は、28(金)夜、29(土)昼、夜に開催されます。
今回より、タロット・リーディングは、
予約制&10分1000円とさせていただきます。
お席の予約をする時に、タロットご希望かどうか、
主催のyuminaに連絡してくださいね。
詳しくはこちら。

中級クラスの金曜昼コース、夜コース最終回レッスン用サンプルモニターさんは募集中です。
詳しくはこちら。

よろしくお願いいたします。

------------
先日、中野トナカイでいっしょの三上牧先生
一条ゆかりさんのプライドという漫画を借りました。
プライドの前に、かねてより好きだった「有閑倶楽部」について書こうと思います。



有閑倶楽部 1 (りぼんマスコットコミックス)


一条ゆかりさんは2008年に漫画家40周年を迎えられた、
大御所中の大御所です。
有閑倶楽部じたいも連載開始から早30年です。

さて、有閑倶楽部とは…
聖プレジデント学園という高校の生徒会の名前です。
大財閥の娘の悠理、大病院の息子の清四郎、画家とお茶の家元の娘の野梨子、
警視総監の息子の魅録、宝石商の娘の可憐、スウェーデン大使の息子の美童と
多彩かつゴージャスなメンバーによる、
アクション、コメディ、ラブロマンス、ホラーありの読み切り連作です。

リアルタイム学生だった私たちの世代の人は
一度は読んでみたことがあるのではないでしょうか。

今回、後半だけですが、チャートといっしょに読み合わせたら
面白かったので、それを書きます。

120902_一条 ゆかり
クリックすると拡大します。

主人公は6人いて、キャラクターはバラバラです。
それぞれどの天体がそのキャラクターか考えてみました。

悠理:牡羊
清四郎:乙女
野梨子:乙女
魅録:水瓶
可憐:獅子
美童:天秤

でも、牡羊と水瓶に天体ないんですよね。
なので、実際のチャートにあわせるなら

悠理:獅子月
清四郎:乙女太陽
野梨子:山羊木星
魅録:獅子火星ー天秤水星
可憐:獅子月
美童:天秤水星

こんな感じでしょうか。
しかし、玉の輿をねらっている可憐は、
蠍金星(誰かに憑依して)ー山羊木星(のし上がるぜ!)
という行動もよくとっています。
しかし燃え上がるような恋愛もしたい!ということで
獅子月もやっています。

清四郎は病院の息子で乙女サインのイメージが強く、
また、時々、完璧だけど若干小さくまとまっちゃってるよね、
といった乙女的なストーリーの回の時があります。
負けず嫌いで熱くなると暴走してしまったりするのは、
獅子火星がちらっと覗きます。

悠理は野性的なところといい、
直感で動いていくところといい、
決断が速く将来は優秀な経営者になりそうなところいい
牡羊っぽいんですけどね〜
牡羊にドラゴンヘッドがあるので、実はそのあたりが効いてるのかもしれません。
しいていえば火のサインの獅子なのですけど、
動きのスピードが活動宮なので
どうしてもイメージあいません。
でも魅録と「男友達」な感じは、獅子月火星コンジャンクションという気もします。

また彼女はオカルティックな話の時にいつも主役になるため、
蠍金星の役割になる時がありますが、
どちらかというと取り憑かれる側で、
これは獅子と蠍のコンビネーションかな?と思います。

魅録はやんちゃなイメージで描かれていますが、
多種多様な友達や人付き合いができる人とも描かれています。
それが水瓶っぽく見えたのですが
どんな人とでも平等につきあいます、ということで天秤ですね。
やんちゃさは獅子火星かなと思います。

美童はスウェーデン人とのクォーターで美少年、そしてナルシスティックなキャラです。
また女好きでたくさん彼女がいるということになってますね。
どちらも天秤で、水星のそばにある海王星が浮世離れしたイメージを付け加えています。

このような組み合わせなので、
活動宮での、天秤水星海王星、山羊木星、牡羊のヘッド、蟹の天王星あたりで話が動く時と、
固定宮での、蠍金星、獅子月、火星、冥王星のスクエアで話が動く時になってるのだと思います。
スクエアの生み出す葛藤が面白いストーリーを生み出しています。

乙女の太陽、土星は、そういった世界観をコンパクトに、そして完璧にまとめ、
柔軟宮なので、永遠に続く日常を描き続けているわけです。
乙女って変わりない日常を延々と続けていくのがテーマなので
それを見事に描いてるなぁと思いました。


全員がドタバタと活躍する時もあるし、
あるメンバーに焦点が当たる時もあるし
メンバーのキャラクターによってストーリーも変化していきます。
しかしとにかくみんないいところのおぼっちゃん、お嬢ちゃんなので、
最終的には親の権力なり財力なりで解決する話も多いです。
もしくは知能や頭脳で乗り切るor誰かをやり込める話ですかね〜
手元に15〜19巻しかなかったので
初期の頃のものが明確に思い出せないのですが
だいたいその2パターンで話が落ちていた気がします。

どたばた落ち着きがないのは、天秤水星、海王星の組み合わせですよね。
最終的には乙女太陽に持っていくので、
ちゃんと落ちはついています。

それにしても、何しろスタートが30年も前なので
少々、昔な感じの高校生たちですよね。
みんな40才って言ってもおかしくないような、老成した感じもあります。
30年前にも確実にこんな高校生いませんでしたけど(笑)
今はもっといない。
でもあり得ない話やキャラクターでいいんです、というのも
天秤水星海王星です。

天秤水星海王星コンジャンクションといえば、もうひとつ。
キャラクターのネーミングが全部お酒の名前や銘柄です。
水星がキャラクター全般、海王星がお酒、かな。

天秤水星をキャラクター全般と考えると
山羊木星がスクエアで入ってるので、みんな人生の成功者であり、
ステータスを持ってる人ですよと。
そしてそれは天秤的には、人にみせびらかせるものでなくてはいけないんですよね。


メインキャラクターではありませんが、
悠理の両親、万作さん、百合子さん、
魅録の両親、時宗さん、千秋さんの組み合わせが
乙女土星ー山羊木星っぽいです。
引っ張ってるのは山羊木星。
毅然と夫を導くイメージで、ぐずぐずいいながらもついていく夫たち。
それぞれの職場ではふたりとも決して無能ではないのですよね。
でも彼らが決断できない時やぐずぐず迷っていたりすると
奥さん側がビシっと決めてくれます。

個人的には活動宮で動いてるストーリーの方が好きかな。
なので、オカルティックな話はイマイチ。
真剣に怖いヤツ、あるんですよね。
それよりくだらない〜と笑い飛ばせるヤツが好きです。

明日は、引き続き、
一条ゆかりさんの「プライド」という作品について書きます。




人気ブログランキングへ
関連記事
web拍手 by FC2


最新記事