今月のスケジュール

ホームページ内にブログを移転、設置いたしました。
今後はそちらで更新していきますので、ブックマークよろしくお願いいたします。
ミズマチユミコの占いサイト

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

作品から星を読む・樹なつみさん「OZ」

2013年06月18日 20:12

明日は占いのアリーナ八千代緑ケ丘店にて鑑定です。
占いのアリーナ・イオン八千代緑ケ丘店
12~20時在席で、途中夕方くらいに休憩に抜けます。
ご予約もできますので、こちらからどうぞ。
鑑定中はメールのご返信が遅れますので、ご了承くださいませ。


講座の状況はこちら。
読み練習会
6月23日(日)13~16時 五反田 4名様(残3・絶賛募集中です!お好きなテーマを持ってきてね)
幸運をつかむ講座(イレクショナル講座)
6月29日(土)13~15時 五反田 4名様(残1)
西洋占星術による住まいと引っ越しのワークショップ
7月7日(土)13~15時 五反田 4名様(満席・ありがとうございました)

現在までにいただいているメールには全てご返信済みですので
未着の方はお手数ですが、再度ご連絡ください。
講座に関して、詳しくはこちらをどうぞ。
よろしくお願いします。


*ちょっとお知らせ*
今月23日(日)の中野トナカイのOJTに、なかむらかえるさんが登板します。

彼女はずいぶん長いこと、講座に通ってきてくださった方で
いったいいつ本格始動するんじゃ〜! と思っておりましたが
今年は徐々にイベントなどにも出て活躍中です。

固定宮過多さんなので、長時間、じっくりしっかり見て欲しい方に
特におすすめ。
色々な要素を取りまとめ、必要なものをがっちり組み上げてくれる、
そんな頼もしさがあると思います。

詳細はこの日の中野トナカイの日記にありますので、ご覧ください。

それにしても、まつい先生の、
「意味のない謙虚に逃げるクセ」って…!
ごめんなさい、大笑いしてしまった。

そうなんですよね〜どうしてかしら?
火の太陽、謙虚になっちゃいかんぜよ〜




長い前置きはここまで。
ここ数日、なんだか水瓶チックなものに浸りたいと思い、
漫画三昧でした。(漫画かよ!)

手持ちのものでぱっとイメージできたのが
樹なつみさん。

OZ」と「獣王星」を持っています。

占星術的な目線で見たことなかったんですが、
今回あらためてそういう目線で読み返してみました。

先に樹なつみさんのネイタルチャートをアップしておきますね。

130618_樹 なつみ
クリックすると拡大

まず、OZです。
大幅なネタバレ含みます。



舞台は、1990年に起きたとされる第三次世界大戦から約30年後のアメリカ大陸。
核による人口の大幅な減少、食料不足などの問題を抱えており、
アメリカもいくつかの国に分かれ、国境では戦争も起きている。
そんな中、各国に傭兵を派遣しているヤンセン傭兵部隊に属する、
日系の青年、武藤徉(むとう よう)が主人公。

派遣国で働く彼のところに、生粋のお嬢様で博士号を持つ天才少女、フィリシアがやってきて
彼女よりも天才で美形な兄リオンを探しに
OZから迎えにきたアンドロイド1019(テン・ナインティーン)とともに
護衛として雇われてOZへ向かうことになる。

OZで彼らを待ち受けていたものは…?

さて、戦争、つまり生きるための戦いというのは、
固定宮の管轄です。
特に牡牛や獅子あたりでしょうか。
軍事や警察などの仕事をする、獅子の人って多いですよ。
以前、そういう関係の仕事の知人に、なぜその仕事を選んだのかと尋ねたら
無条件に威張れるでしょ、とさわやかに語られました…(笑)

その中でも国という枠組みを超えて、
個々の能力を必要な場所へ売るというのは、水瓶と牡牛の要素ですね。
自分の能力でお金もらえるんなら信念なんか関係ないもんねという牡牛と
そちらでご入り用の能力、見繕ってアレンジしますよが水瓶でしょうか。
まあ、山羊も必要かな。ビジネスに載せるには。
でも常識や国境を越えるには水瓶力も必要です。

ホロスコープの中には、見事にそれらが描かれていて興味深いです。
獅子太陽と水瓶天王星のオポジション、傭兵部隊という特殊な団体の中でも特殊な存在の徉。
しかし彼は山羊火星の一面も持っています。
仲間の子供たちの食いぶちを稼ぐために窃盗団を指揮するって山羊です。
その反面、徉の養父はまじめ一辺倒で、彼も山羊土星のイメージがあります。

またヒロインのフィリシアやヴィアンカ、お嬢様二人も山羊ですよね…
山羊っていろいろな面があるなぁと思うのですが
世間知らずで無垢なイメージ、そして外面に現れない欲望を抑制するような部分、
さらには経験によって人格が熟成され、成長していく面と
時間を経て大きく変化していく、だから活動宮なんだなと思いました。

リオンや母親のパメラはどうでしょうね。

リオンもエキセントリックな王様ということで、獅子ー水瓶ラインかなと思うのですが
若さを手に入れたい、老いへの恐れは山羊土星なのかもしれません。
潔癖症は、牡牛月ー獅子天王星のスクエア。
サインやアスペクトの種類に関係なく、月ー天王星のアスペクトは神経質で、
物事へのこだわりが強くなるので、行き過ぎると潔癖症になります。

パメラもこの月ー天王星スクエアのイメージで、
「切れた女王様」という感じ。
火と土の組み合わせは独裁者の形だと三上先生に言われたような気がしますが
(違う方だったらすみません)
派手な自殺方法といい、自分の所有しているものを、派手にぶっ壊す、
牡牛ー獅子だよねぇと思います。

あ、1019を忘れていました。
1024もいますね。
アンドロイドと上に書きましたが、サイバノイドと言うリオンが作った
人間に近いアンドロイドです。

1019はより人間臭いタイプで、人間として覚醒していきます。
より人間になりたがっていた1024は泥臭い感情をも持つタイプですが
人間になれなかった進化系タイプです。

アンドロイドはやっぱり水瓶なのですが、
感情や人間臭さなど、牡牛や蠍などの他の固定宮要素が割り込んできています。

それと水瓶の水星で描かれる絵は、無機質だけど美しいですね。
射手木星は、近未来を描いているところかな。
それと、「OZ」というテーマ。
この作品は、オズの魔法使いからモチーフを得ています。
願い事をかなえるための、果てない旅。

ドロシーはフィリシア、カカシは1019で、ブリキのきこりは1024で
徉はライオンといったところでしょうか。
そう考えると1019はまだ山羊っぽいのかな。成長していき、より人間臭くなっていく。
徉は獅子ですね。有能なのに、どうしても心を得られない1024は水瓶。

最後にラストシーンですが、
これだけだとあまり気にならなかったんですけど
獣王星、八雲立つと続けて読んだら、このラストが気になりました。

描かれているのは再生と復活なんですけど、
連載当時、ネイタルの水瓶太陽に蠍冥王星スクエア、
プログレス魚太陽に蠍冥王星がトラインで、
この影響なのかな…
魚っぽい感じもするのですが、そのままの姿で戻ってくるのが
魚でない感じもするんです。

130618_樹 なつみ2
クリックすると拡大

この意識が続く作品にも受け継がれていってる気がします。
トランシットといえば、この頃、
山羊の金星・土星・火星の合に、トランシット海王星も乗っかっていて
これがスケールの大きい作品づくりにつながっているように思います。

またしても長くなっちゃったので
続きの「獣王星」は明日書きますね。



人気ブログランキングへ
関連記事
web拍手 by FC2


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。