今月のスケジュール

ホームページ内にブログを移転、設置いたしました。
今後はそちらで更新していきますので、ブックマークよろしくお願いいたします。
ミズマチユミコの占いサイト

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

東京はおうし座さん

2006年06月08日 00:00

松村潔氏の「東京星図」という本を買いました。
出た当初は私も勉強し始めでワケわからず、
買うのを見送っていましたが、昨日本屋でこの本になにやら
呼ばれたような気がして(笑) 買いました。

まず明治天皇が江戸城へ戻ってきた日時を元に
ホロスコープを作成します。

1869年5月9日正午生まれのおうし座。
そのおうし座に、太陽だけでなく、冥王星、木星、金星と
4天体が集合。冥王星も木星も支配するような意味合いが
ありますから、ずいぶんおうし座の意味合いが強められています。

おうし座の意味としては、所有する、お金稼ぐ、
技術を蓄えるあたりでしょうか。
そういう意味においては、東京はそんなふうに
発展してきてるのでしょうね。

次にホロスコープを作ると、「生まれた瞬間、東の地平線に
位置する星座」というのを割り出せるのですが
その位置と実際の東をあわせて、江戸城を中心にして
ホロスコープを地図の上に重ね合わせます。

そうすると江戸城を中心に放射状に、牡羊座の地域、
おうし座の地域…と12星座の地域ができ上がる、
というワケです。

まず、太陽のある位置に東京タワーがあります。
やっぱり東京のシンボルとして、
そこが一番よかったのでしょうか。
年配者を表す土星があるのは、巣鴨。
闘争心を表す射手座地域には、東京ドームや武道館。
サブカルなど、自由で少し王道をはずれたようなイメージの
ある水がめ座地域は中央線沿線。
常に新しいことを発信している牡羊座地域には
渋谷、六本木などなど。
ざっと見るだけでも、なかなか楽しいです。

この本はさらに、サビアンシンボルとも絡めてあります。
1年を12分割したものがサイン(星座)ですが
それをさらに30分割して、1年を360個の一行詩にしたものです。
同じ星座でも、0度の人と20度の人とでは、
その星座の使い方が違ってきてしまうわけですね。
なので、同じおうし座地域でも度数によって細かく
見聞されていて、それもなかなか面白いです。
(マニアックですが)


さて、これを実生活にいかすには、
その星座地域の意味合いを知って
自分のしたいことをするのに適した場所へ行ってみるのが
いいそうです。例えば

牡羊座地域 新しいことをスタートさせる
おうし座地域 収入を増やす 才能を延ばす 飲食関係
       :
       :
などなど。

さらにもうワンステップ進めて、例えば、乙女座さんだとすると

乙女座地域 あなたの拠点
天秤座地域 商売、金もうけ、ショッピング、芸事
さそり座地域 散歩、遊び、情報収集、学校
       :
       :
なんていう風に使うのもいいそうです。
(ここは引用なので、各星座の意味合いを知りたい人は
著書をご覧くださいね)

もっと詳しい人は、自分のハウスに対応させたり、
自分のホロスコープを重ね合わせてみましょう。


例えば私なら、こんなおもしろいことがわかりました。

最初に一人暮らしを始めた、墨田区。
駅からも遠くてなんだってそんなところに…って
感じのところでしたが、ここは乙女座20度くらい。
心身をコントロールし、秩序正しく生活する地域だそうです。
出来たのかな~?(笑)
個人のチャートでは9ハウスで冥王星がのっかてます。
教養を高めたかったのかも…。

引っ越して現在の初台。
魚座の0~5度付近で、「自分のやりたいことが見つからない人、過去を整理したい人、アート系、セラピー系」に適しているそうです。
私はここに来た時、心身ともにぼろぼろだったので
良かった気がしてます。
またここへきたことで、フリーでやっていくと
遅まきながら決意した頃。
個人のチャートでは3ハウス。
近所を思いっきり楽しんでるし、友達との
コミュニケーションもここへきて活発になったので、
これはあたってますね。

今年の引っ越し、品川区方面。
これはおうし座の10度…
実はおうし座の10度は、自分の太陽の度数なのです。
これにはびっくり。
モデルルームを見に行った時に、駅に降り立った瞬間
「いいところだ!」と思ったのは、そういうわけ
だったんでしょうか?
太陽は本人の性格ではなく、本人の人生のテーマを
あらわしているので、「ここで私の人生やったるぜ」
ってことなんでしょうかね。


長くなるのですが、もすこし面白い発見があったので
続けます。

他の人のも見てみよ、と、ノモトさんで見てみました。
勝手に取り上げて、ごめんよ。

彼女はなんたって生まれも育ちも葛飾下町(笑)
東京っこのほうが面白いかなと。
葛飾は天秤座地域。
ここには彼女の「月」があり、いかにも
「自分の生まれた場所」となっています。
月はその人の性格や、小さい頃の環境を表すのです。

また彼女の太陽がある、おうし座12度地域。
ここには彼女が20代にばりばり働いていた会社があり、
しかもその延長線上には、彼女があまりにも忙しくて、
実家を出て一人暮らしをしていた街もあるのです。
2ハウスにあたるので、そこにいた間はまさに「稼ぐ!」って
状態だったのでしょうね。すごく忙しかったって聞いてます。
また、テクニックを吸収する時期でもあったはず。

その後、ベイエリアに引っ越した彼女。
位置は、双子座2~3度でしょうか。
コミュニケーションがむちゃくちゃ活発な感じで
彼女のマンション「海岸501」に出入りした
人の数を考えるとうなずけます。


私と彼女の出会いの場所である池袋サンシャインシティも
一応見てみました。あんな会社だけど
私にとっては「自己を確立する場所」
彼女にとっては「社会的ステータスを獲得する場所」
だったようです。
それもまあ、あながち間違ってはいないですね。


まだ全体は読んでなくてつまみ読みですが
位置や方角をみるのは不得意とされる西洋占星術も
使い方次第では面白いかもと思われる一冊でした。
欠点は、東京から離れれば離れるほど、
範囲が広がって見づらくなることかな。

また引っ越したいって思った時は、参考にしようかと思ってます。
関連記事
web拍手 by FC2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。